1. (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)
  2.   
ひんやりな夕べ- y
2017/03/28 (Tue) 17:27:22
昨夜、酔って早くに寝込んでしまって
深夜の2時半頃に気が付くなんて始末で
それから湯に入って1時間ほど宮本輝の
「星宿海への道」を持ち込んで読んで
出てから、結局4時半頃にまた寝付いて
目覚めたのが9時半。

こんな半端でフシダラな生活だから普段
にも増してボケてしまいました。
昼間に更新したんだけれどロクでも無いか
と削除しました。
一部、御心配をかけるような内容があった
ので適切では無くお詫びします。

スマホの変換について書いたけれど
きょう「春キャベツ」と打ったところ
何故か「春キャベツ太郎」だなんて候補に
出て来て、なんじゃこら??です。
意味ワカラン。
でもね、いま話題の「忖度」なる言葉。
辛坊治郎が旧種やら安物のスマホでは「忖度」
は出て来ないんだよ、なんて言っていたから
うちのスマホに打ってみました。

結果、1番に「忖度」と出て来ました。
とても、春キャベツ太郎が出て来るスマホとは
思えません。
できるところもあるのです。
扱い方、馬の乗り手の能力次第なのでしょうか。

あなたのスマホに「忖度」と出るでしょうか?
イッパツで出れば世間に乗り遅れてはいないと
安堵です。

なんかワカラン更新だな・・・
やっぱ、きょうのオイラは変だなぁ。
リンパを通じて脳に転移しているのかも・・。
だけど、雪崩で子を亡くす人が居られるなんて
また、小学生が殺されるだなんて切ないなぁ。
             合掌


新妻・須磨穂- y
2017/03/27 (Mon) 12:18:17
感じ・・・と変換したら
感じて・・だとか、感じる・・・、だとか
なぜ「かんじ」と打って「感じ」が出ないのかな?
慣れない打ち方で「感じ」が欲しくて「かんじ」と
打って「感じて」が表示され他に探すのも指が太い
もんだからミスタッチが嫌で「て」を後で一字削除
する。

「かんじ」と打っているんだから、「感じて」だとか
余計な先読みは止めて欲しい。
「かんじ」は「感じ」でいいのだ。
忖度するなよって^^

こんな面倒なことってあるかよと思うのだが、
こういうことが変換には結構と多い。
「お」を打ちたくてポンポンと叩いて一字オーバー
して、また振り出しに叩いて、またオーバーなんて
こともある。

ビギナーはつらいよ~~~。
文明に追いつけずに、ガラケーと復縁することも
できない。
後妻のようなスマホと添い遂げなければならない。
(なんちゅ~ぅ、例え)
相手は新品だけに、融通が利かない。
おそらく、こちらの旧態な扱いにハテナハテナ??
の連続でヒステリーを起こして壊れてしまうかも。
相性を善くする為に励まなくてはいけない。
そこそこ・・・いいわ~ぁぁ・・
スマホに、そう感じさせる日がいつ来るのか
新婚のようなスマホとのライフは波乱万丈だ。

きのう古川橋に用事があり向かう途中、鶴見緑地を
通り抜けたら丁度、乗馬場のPRを兼ねてかデモス
トレーションの最中だった。
さて、月曜日- y
2017/03/27 (Mon) 07:52:52
おはようございます。
ロシア民謡を耳にした時代は遠くなりました。
北上夜曲のような歌を聴くと「山のロザリア」の
ような雰囲気を感じます。
ひとが純でロマンチックだったのは古い映画等を
観ると感じます。
TVCMも溢れかえると新鮮味を生み出せずに
懐古に走るようで、一週間の唄では月曜日は
「日曜日に市場へ出かけ 糸と麻を買って来た
だとか出てました。

手間暇を要する時代らしいですね。
今は野菜でさえカットされて売っていたり、
湯鍋に袋からポンと入れれば一品出来上がり
なんて当たり前な時代です。
昨夜のTVでは国産車誕生に尽力したトヨタ
創生期の大変さを描いていました。
故障に故障を重ねながら一命を短くしてまで
混迷の大変な歴史の中で事業継続に努力する
人間模様、その思いを支えていたのはガマン
でしょうか。

っと・・・出足から何を言い出しているのか
こちらの月曜日は資源ゴミ回収の日です。
空き缶がめっきり減ってウイスキーの空き瓶
が主になっている今週でした。
で、出して戻る途中に子供会の頃に見知った
中年になった男性ふたりと、すれ違いました。
小学生だった面影を残しながらのオッサンの
様子は妙な感じです。
早朝から出勤の大変さを経験しているのでしょう。
うちの息子も一冬の早朝の寒さを経験しているん
だと思うと、思わずゴメンなと感じてしまいます。

まだ結婚していない様子だな。
一人は賑やかなお父さんが居たけど全く見かけ
なくなった。
もう一人は早くに御両親が亡くなられ男の子
二人が残された家庭だった。
この御両親、米不足で輸入米が話題になったとき
丁度、スーパーで買い物をしている際にNHKの
全国ニュースでインタビューを受けていたなんて
こともありました。
毎日、学校帰りには住まいの一角でバットを振っ
ていた野球好きな子でした。
地区子供会のソフトボール対抗の際にコーチを
依頼されて彼の三塁にノックしたものです。

他の地域に後に近鉄に入団した凄い子が居まして
守備シフトをライトからセンターの間にレフトを
寄らせて三人にしてショートをレフト辺りに守ら
せたなんてこともやりました。
長打を無くしてできるだけ単打に抑える狙いでした。
この凄い子は結局、プロ野球でもそれほどの活躍も
できずに、いつの間にか引退していました。
厳しい世界を思い知ります。

さて、一週間の始まり始まり~~~


Re: さて、月曜日 - y
2017/03/27 (Mon) 09:19:32
息子が小学生の二年頃の話題だったので
話の勘違いに気付きました。
自分が左なもので、ついつい打球を右に考えて
しまいます。

ショートに通常のレフト辺りに行かせて
レフトを外野の一番奥まで守らせ
身体に当ててでも打球を前に落とせと指示して
セカンドをショートに行かせた守備位置でした。

対抗戦当日に凄い子がいると知った急場しのぎ
でした。
注目の子は身体も大きく小学六年生のレベルじゃ
無かったですね。
本塁打は仕方ないけど、三塁打を安打もしくは
二塁打に、二塁打を単打にさせる。
とにかく打球を後方にやるなでした。
凄い子の名前が出て来ない・・・


大阪の春- y
2017/03/26 (Sun) 18:28:44
肌寒く梅が町を染める季節の大相撲春場所
御存知の通り、稀勢の里の優勝となりました。
彼に対しては此れまで失礼な発言が多かった
率直にお詫びいたします。
それにしても負けたと思った相撲だった二つ
の勝負、土俵際でよく残したなと敬服です。

国歌斉唱の際に我慢しきれずに泣いた様子に
貰い泣きしてしまいましたよ。
決定戦では母上さんが観てられなくて下を向
かれたのも祈る気持ちだったでしょうね。
いい終わり方で春が日本に広がる感じで何よ
りです。

私が此れまで一番好きな横綱は誰?と聞かれたら
北の富士です。
偏った様子を感じさせない明るさがスター性を
感じさせた横綱でした。
顔色が悪い彼がなんか心配です。
極寒の網走留萌旭川と貧しい生活育ちでありながら
スター性を感じさせる彼が長生きして欲しいと
願っています。
名優 クニムラ・ジュン- y
2017/03/26 (Sun) 09:31:01
いつものパターンだけれど
湯上りにTVを点けてしばらく居ると
鶴瓶の巷の噺だっけ?が始まった。
相手は優れた男優、国村 隼。
彼の本籍は熊本県八代らしいけど幼い
頃から大阪育ちらしい。
それもディ―プなトンダバヤシ。

大阪の劇団体験を経ているから何度か
見かけているなと感じていて、インパクトを
感じた最初は大沢在昌の原作を映画化した
「走らなあかん夜明けまで」
いまは屋根が付いたりと、すっかりと変わって
しまった駅前の以前の歩道橋の上で荻原聖人が
出張で大阪に来てトラブルが始まる物語。
関西ヤクザを演じていた。
この映画と同じ手法なのが、和田誠が撮った
真田広之がジャズトランぺッターを演じた
「夜明けまで」。

彼を有名にした井筒の名作「ガキ帝国」は
ああいう不良のメンツの張り合いのような物語は
好きでは無いので、いまだに観ていない。

それから一転して河瀨直美監督の「萌の朱雀」
中学生だった尾野真千子を見つけて
「あんた、映画に出てみない?」とスカウトした
世界的な評価を受けた静かな映画だった。
ここでは生きる目的を失った失意のオヤジ役を
これまた見事にリアル感満載に演じていて
百面相な芸の幅だなと一気に好きになった。

緒形拳が居ない今、その位置は彼が相応しいのでは
ないかと思う。
中小企業や町工場の社長やオヤジ役も似合うかと
思ったら戦国武将の武や智に長けた役柄やズルい役も
似合わせてしまうし、優れた男優だと思えます。